1. home > 
  2. 当院のご紹介 > 
  3. 理事長ご挨拶


理事長ご挨拶

平成26年6月27日

約4年にわたる当院の耐震順次建て替え工事も、6月の南棟完成でやっと終盤に入ってきました。多くの患者さんやご近所の方々には、長期間の工事で多大なご迷惑をおかけしております。
来年の7月ですべての建て替え工程が終了する予定ですが、もうしばらく、引き続きどうか宜しくお願い致します。
さて、当院もこの地で開院した昭和26年から60年余りの年月が過ぎました。当院で、親子3代にわたって手術などの治療を受けられたという方も何人もおられます。このように整形外科の専門病院としての診療を長く続けて来られたのも、多くの方々のご支援、ご縁のお陰と深く感謝しております。
良い「縁」を大切にすることは、仏教の深い教えでもあります。「縁尋機妙」これは古代仏教の論説集である法苑珠林にある言葉で、良い縁は自分から求めていくことで、機妙につながって発展していくという意味のようです。さらに「多逢(タホウ)聖因」、これは地蔵本願経にある言葉で、多くの方との出会いと縁を大切にすると良いことが起こるという意味で、いずれも戦前戦後の歴代の総理大臣が師と仰いだという陽明学者、安岡正篤(まさひろ)の著書からの引用です。
今後とも患者さんを中心とする地域の多くの皆様との良いご縁を大切にしながら、すべての患者さんに良い医療を提供しようとがんばってくれている職員とともに、一歩ずつ歩いて行く所存です。


くらからぬ 心を常に楽しめば いずれさやけき 月こそ見ん
              中江藤樹(1608-1648)
過去ご挨拶


pagetop