1. home > 
  2. 来院される皆様へ > 
  3. 入院中の生活


入院

入院中の生活

給食

  • 当院は基準給食として承認されておりますので、食料のお持ち込みはご遠慮下さい。
  • 病院給食以外の食物は、医師の許可が必要です。
食事時間
朝食/8:00 昼食/12:00 夕食/18:00
*食事はお部屋までお持ちします。
*食事を終わられましたら、看護師が下膳致します。
メニュー例
  • 朝食朝食
  • 昼食昼食
  • 夕食夕食

付添・医療福祉相談

付添・医療福祉相談
付添
治療上必要な看護は当院の職員が行います。
ご家族の方が付添を希望される場合は当院の家族付添許可基準に基づき医師が許可した場合は付添が可能です。
医療福祉相談
治療費・福祉制度(介護保険等)、その他お困りの点がございましたら職員が相談に応じます。お気軽にお問い合わせ下さい。

インフォームドコンセント

インフォームドコンセント(informed consent)とは、“医師等から診療内容などについて患者さんが十分な説明を受け理解した上で、患者さん自身が同意し、最終的な治療方法を選択していただく”ということです。
この概念は、医療の受け手である患者さんと、担い手である医療従事者とが、医療に関する情報を共有し、合意に基づいて治療法などを選択していく過程の中ではじめて実現します。
患者さんが理解できる平易な表現や、理解を促す図・模型および説明同意文書等を用いると共に、説明内容の理解度について細心の注意を払う等、インフォームドコンセントを達成するため、当院ではガイドラインを定め診療を行っております。


>>医療法人米田病院 インフォームドコンセント ガイドライン

衛生・生活面の規則

衛生・生活面の規則
シーツ交換

シーツ交換は週1回行います。交換日以外にシーツが汚れた場合は看護職員へお知らせ下さい。

洗濯

当院では感染予防のため、洗濯乾燥機をご用意しておりません。委託業者による、入院着・タオル・日用品などのレンタルシステム(アメニティセット)に加入された方は、洗濯ネットの追加お申し込みにてクリーニングサービスを行っております。

消灯時間

22時に消灯します。テレビ・ラジオは他の患者さんのご迷惑にならないよう、22時以降はご遠慮下さい。

その他の規則

  • ・患者さんが服用されているお薬は、一旦お預かりし、効能効果等を確認させていただきます。また、お預かりしたお薬で不明な点がある場合には、処方された医療機関へお薬情報等をお伺いする事もございます。
  • ・治療・看護上、患者さんに関する必要な情報を聴取させていただきますのでご了承ください。
  • ・各種書類等でご不明な点がございましたら、スタッフステーション窓口でお尋ね下さい。なお、生命保険診断書は退院時にお預かりします。
  • ・手術を受けられる方は手術前1週間ほど禁煙していただきます。(当院は全館禁煙になっております。)
  • ・携帯電話は、各個室および2階デイコーナーにてご利用下さい。
     ※マナーモードに設定をお願いします。
     ※大部屋での使用は同室者の方にご迷惑となりますのでご遠慮ください。
     ※輸液ポンプ・ペースメーカー等を使用している患者さんがみえるときは使用を禁止することがあります。
  • ・公衆電話は北棟2階スタッフステーション前にございます。[ご利用時間 8時~20時]
  • ・現金・貴重品は最小限度とし、盗難には十分に注意をして下さい。セーフティーBOXを設置してありますのでご利用下さい。

リハビリテーション

リハビリ

入院中は、手術後の患者さんを中心に早期社会復帰のための積極的なリハビリテーションを行っています。基本的には平日2回(午前・午後)、土曜日や連休中は個々の患者さんの病状に合わせ必要に応じてリハビリテーションを行います。
充実したリハビリテーションが提供できるよう、リハビリテーション科には、米田病院・よねだクリニック合わせて43名(2017年4月現在)のスタッフが在籍しています。また、さまざまな病状に対応できるよう、280㎡の広々とした入院患者専用リハビリテーション室を設けています。
近隣の最先端医療を行っている総合病院整形外科(名古屋セントラル病院、名古屋医療センター、名古屋第一・第二赤十字病院、愛知県がんセンターなど)との緊密な連携関係により、それぞれの病院で手術・退院をした患者さんが当院へ転院し、社会復帰に向けたリハビリテーションを行うケースもあります。
当院を退院した後は、よねだクリニックに通院し、継続して質の高いリハビリテーションを行うことが可能です。

リハビリテーション

pagetop