1. home > 
  2. 治療・診療について > 
  3. 整形外科


整形外科

医師の写真
当院は整形外科単科病院・クリニックとして、手・足・腰の痛みの治療、手術などを行っています。
一般的な整形外科疾患の他、スポーツによるケガ、手の外科、人工関節手術やリウマチの治療も得意としています。
高水準の検査機器と臨床経験の豊富な医師たちが、みなさんの健康をサポートします。
運動器の症状がある方はまず当院の医師にご相談いただくことで、最善の診断・ 治療の提案を致します。

運動器とは

人間のからだには、「消化器」「呼吸器」「運動器」など様々な組織・器官があり、整形外科は「運動器」を対象としています。
からだを動かすためには、骨や関節の状態が良好に保たれ、神経が正しくはたらいて筋肉を動かすことが必要です。骨・関節・神経・筋肉など、からだを動かすために必要な部分を「運動器」と呼び、この「運動器」になんらかの障害が起きたと考えられる場合に、整形外科を受診します。

どのような症状で受診するのか

整形外科疾患の主な症状としては、腰・首の痛み、肩・膝・股関節・腕・足・指・背中などの痛み、しびれ、腫れ、知覚異常、指のこわばり、関節の動かしにくさ、左右の脚長差、背中の歪み、などがあります。これらの症状は、どこかにぶつけたり転んだりしたときに急に出現するものもあれば、原因がわからないまま徐々に症状が出現してくるものもあります。

どのような検査をするのか

整形外科では、症状に合わせてレントゲン検査や血液検査、骨密度検査、超音波検査、徒手検査(からだを動かして症状が出るかをみる検査)、MRI検査、CT検査などを行います。

どのような治療をするのか

骨の痛み(骨折など)
ギプスを巻いたり、松葉杖で体重がかからないようにします。
骨が折れてずれている場合は、整復(元の場所へ戻す施術)や手術をすることもあります。
痛みの強い場合は痛み止めの薬を出すこともあります。
新しい骨が形成されて、関節を動かしてもよい時期に入ったらリハビリを行います。
靱帯や腱の痛み
ギプスを巻いたり、松葉杖で体重がかからないようにします。
切れた部分が離れていたり、しこりが痛みの原因となっている場合など、時間の経過だけでは治りにくいと医師が判断した場合は、手術をすることもあります。
痛みの強い場合は痛み止めの薬を出すこともあります。
切れた部分が修復され、関節を動かしてもよい時期に入ったらリハビリを行います。
首や腰の痛み
コルセットや運動療法(リハビリテーション)、痛み止めの薬や湿布で治療します。
痛みの強い場合は、筋肉注射、ブロック注射、除圧術などの手術を行うこともあります。
関節の痛み
関節の痛みには、当院では基本的に運動療法を中心とした治療を行います。
痛みの強さや関節面の状態に合わせて、穿刺(関節内の水を抜く注射)やヒアルロン酸注射、手術を行います。
痛みの強い場合は痛み止めの薬を出すこともあります。

pagetop